#008 トークイベントと動悸

何回か行ったことがある小さな本屋さんでトークイベントが行われることをfacebookで知った。以前から興味のあった方が遠方からやってくるということで行きたいなと思っていた。ただ考える時間はあまりない。今回のトークイベントは限定20名。この小さな本屋さんは普通のお客さんは少ないのだけれど、コアなお客さんが多く、考えているうちに定員オーバーになってしまう。

小さな本屋さんの売り場面積は見た感じ20畳ほどで、その中にたくさんの本棚が置いてある。頭の中で、この空間に稼働できる棚を動かして椅子を並べるイメージをしてみると、20人ぐらいなら狭すぎず、いいかなと思っていた。そんなこともあり、とりあえず予約をすることにした。

当日は本屋さんの近くのコインパーキングに車を駐車して30分前には到着することができた。扉を開けて中へ進んでいくと、お客さんは3、4人ほどしかいなかったけれど、歩くスペースが無いほど椅子が敷き詰められていて驚いた。主催をする本屋さんの説明では申し込みが殺到して40名ほど受け入れたそう・・・。

早い時間に到着したこともあり後ろの方の席に座っていたが、トークイベント開始時間近くになると会場へ次から次へと人が入ってきて、隣同士の肩が当たるのでは?と言うほど人で埋め尽くされはじめた。それと同時に動悸がし始め、体調が悪化し気持ちが悪くなってきた。深呼吸をして大丈夫だ・・・と自分で自分に言い聞かせながら落ち着かせる。
この時はすでに外へ出るための通り道にも椅子が並べられ、後ろの方の席に座っている自分は外へ出ることができる状況ではなかったからだ。

トークイベントが始まると同時に徐々に動悸がおさまりはじめ、冷静さを保ちながらイベントを楽しむことができた。動悸がして体調が悪くなった時間は時計を見る限り5分から10分ほど。実感としてはもっと長かったように感じた・・・。